スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔女の薬屋つづき

2011.05.22.19:05

こんにちは。わさびです。
今日は午前中とても良く晴れていたのですが、今はすっかり雨空です。きょうは4/27日に書きました「魔女の薬屋」 夢のお話のつづきです。

あれから日がたちました。
魔女の薬屋の妹は約10年続けてきた店を閉めて、今は最後の片付けに追われています。姉も新しい生活スタイルの中で過ごしています。彼女らの生活のパターンが変わった理由に原発の事故が関係してはいませんが、ただ、今生きている治療家の方が感じているであろう無力感は、彼女らにもあるように見えます。
理由はそれぞれですが。

話がそれました。。魔女の姉妹の妹は、薬屋の時代が終わり、現世ではお香やさんをしていて、そして閉めてという話をしました。そのお香やさんを始める前に話しを戻しましょう。
その前の時間の大きな出来事の一つに、結婚がありました。20代の前のほう、その時に彼女と神様が約束した通りの人が現れます。その数年後、人間種である彼と結ばれ、現在に至っています。

彼は彼女の特殊な能力をはじめから意識していたことはありません。以前薬やさんであったことも知りませんし、同時代には自分が薬草を摘んで、それを彼女とその姉のお店に売っていた事など、まったく知るよしもありません。しかし神様はそのような事にしました。それは彼女と彼が望んでいたからということでしょうか。

そして彼は今、趣味の領域で薬を作っています。変ですね。
妻である彼女が特に手伝うことは無いのですが、いろいろな知見を彼に与え、彼が良き判断とよい薬が作れるようにサポートしています。
また薬屋に戻ってしまった? いえいえ、家族のための薬で、売ったりあげたりは厳禁です。それが現世のルールですから。

彼は薬を作る時になにか力をもらうことを常としていますが、それは今度書きたいとおもいます。そしてその薬が魔女に効くのかも、また今度。いえいえ、プレゼントすることすら出来ない時代ですから、効くか効かないかは、大切ではありませんね。

人間って同じことを繰り返すのでしょうか?

夢の話が長くなってしまいました。
夢から覚めるといけませんので、今日はこのへんで。
スポンサーサイト
プロフィール

まめまめみかん

Author:まめまめみかん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。